2016.06/09(Thu)

面会(移送された施設へ初めて行ってみた結果、、、まさかの(2))

なんとかヤツの居る施設へ辿り着くことが出来た。
小高い開けた立地。
以前居た施設とは全然違う。どこかの企業、工場のようだ。

(書き慣れた)面会申請書を記入し、面会者用の番号札のバッジを渡され待合室で待つ。

・・・

しばらくすると、守衛とは別の制服の職員(看守?)に名前で呼ばれ、
(なんで?バッジの番号札で呼ばれるんじゃないの?)
間柄や面会の理由を尋ねられ、 [緊急性がないということで]

面会 不可、、、orz


「わかりました。」と気丈に答えたものの、、、

呆然と立ちすくんでしまった、、、(´□`川)ゝヵ゛-ン




やはり血縁関係、内妻じゃないと面会許可は下りないようだ。


今まで外部交通や面会も許可されたので、履歴も考慮され、大丈夫だと淡い期待をしていたのに、、、
もう出所まで会えないかもしれない。


でも、もうこれで面会は出来ないと分かったので
ヤツに手紙で報告するしかないが、理解してくれるだろうと思う。理解せざるを得ないのだが。

もう、「いつ面会に来てくれる?」  「面会予定の日にちを教えてくれ」
と急かされることもないだろう。

わたしの力の及ばない処にヤツは来てしまったんだと改めて思い知らされた。

電話連絡もできない。手紙という手段しかない。

仕方ない。わたしはやるだけのことはやった。

一度は面会にチャレンジして、駄目だった。それが分かっただけでもよかった、、、。



いろいろ考えても仕方ないし、もと来た道を数時間かけて帰って行くことに、、
(´Д`;)/ヽァ・・・



にほんブログ村




スポンサーサイト
22:02  |  面会  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06/08(Wed)

面会(移送された施設へ初めて行ってみた結果、、、まさかの(1))

ついに、ヤツが移送された刑務所へ面会に行った。

有給休暇を申請し、ETCカードも作り、当日はいつもより早起きして。

ヤツもわたしも面会について情報を集めてみたものの
やはり、施設によって扱いに違いがあるようで

実際、行ってみないとわからない。。。という結論になり、、
ダメ元で行くしかないと。リスキーだが。

わたしの棲む地方からは高速をとばしても数時間かかる。
手紙の「面会に来てほしい」その言葉にせっつかれるように、、、。

ナビを頼りに行ってみたが施設の入り口がわからず、間違えて入った先は奥にある少年院だった(汗)
「面会ですか?」と訊かれ「は・・・い」と答え、面会受付もあり、紛らわしい。職員もわたしも途中で気がつく。
職員に施設の場所を尋ね

改めて坂道を戻り、薄暗い竹林を抜けた先に、その施設はあった。

芝生のきれいな、広々とした施設。建物も新しい。
中に入ると、制服を着た女性守衛(職員)が受付していた。
面会申請用紙の記入の仕方を丁寧に説明してくれた。
待合室で待つように言われる。
申請用紙を持って待合室に行くと、そこにも数名、女性守衛(職員)が居て、身元確認として免許書の提示を求められ、面会者用のバッヂを手渡される。

待合室には他に待っている面会者はいなかった。

しばし、待つ。。。さて面会できるのだろうか、、、






長くなるので続きます、、、。




にほんブログ村




22:32  |  面会  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04/17(Sun)

面会(桜舞い散る頃の巻)

記事のUPが遅くなりました。。。


刑務所の門のところに大きな桜の木が2本ありました。
この桜の花を見られることが出来るかな。。。と思っていましたが

満開の桜の咲くころに面会できました。


ヤツは実刑になり、移送先が決まるまでの間、しばらくココで居ます。
面会は親族だけとのことでしたが友人のわたしでも外部交通、面会の許可が下りました。

月2回の面会。中からは月4回の手紙の発信制限(便箋7枚まで)がつきます。
ヤツは毎日一枚づつ便箋に書いて7枚にし、まとめて木曜日発信。閲覧された後、こちらには土曜日に到着します。

こちらからの手紙の制限はありませんのでヤツからは手紙を懇願されますが、なかなか忙しくてそうしょっちゅうは書けないのです。



刑務所の門の中のソメイヨシノの桜が晴れた空にまぶしいくらい咲き誇っています。

面会の待合室で待っていると番号が呼ばれ、戸外に出て桜の下を通って面会室に向かいます。

4号室の面会室に入ると、ヤツが入ってきました。
若草色の、、、囚人服。胸にはネーム。番号札が縫い付けられています。
懲役が始まったんだな、、、。

ヤツは来てくれたことに礼を言い、懲役が始まったことを話し、行進が大変でうまくいかないと何度もやり直しさせられている。毎日ずっと造花を作っている。指先が痛い。などと話し、

「なんとか友人でも面会が叶って本当に良かった。ほっとしたよ。このままさくらこに会えないんじゃないかって眠れなかった。相変わらず眠れないんだけどな。別の移送先に移送されるまでしばらくここに居るからまた面会に来てくれ。今月あと一回は面会出来ると思うんだ。」

「わたしも友人では面会申請が通らないと思っていたわ。でも、作業をしてるから?なんだか調子良さそうよ。気が紛れてるんじゃない?」

「ああ。時間が経つのが早いよ。一年と少し、がんばってつとめるよ。でもほかの刑務所の食事はまずいらしいのが嫌だな。」と笑った。

笑ったとき、前歯が元通りになっていた。
「前歯の差し歯、治してもらえたんだ。よかったね。」

「うん。でも下の前歯が虫歯で…抜くしかないかもって。」

「え?下の歯?大事な歯じゃない。刑務所の歯科治療って抜くくらいしかしてもらえないって聞いたけど、なんとか持たせられないのかなぁ。」

「うん。今度、来週診てもらえることになってるから。」

「なんとか病気なんてしないでね。」

「さくらここそ、子宮筋腫の方は大丈夫なのか。無理しないでくれよ。みるりんも元気か?さくらこの家族も変わりないか?」

「わかった。気をつけておくわ。みるりんも家族も元気よ。」

「ダン(旦那の隠語)とはあまり仲良くしないでいてくれよ。」とヤツに言われて、ふたりで苦笑した。


それから手紙でお願いされていた領置金と白Tシャツの差入れをお願いされ、(事前にヤツのお母さんからお金は預かっている)あとで差入れすることを約束した。それと、本の宅下げがあるから持って帰ってくれとも。そうこうするうち時間になり

ヤツは振り返り、頷いてドアから出て行った。。。



再び桜の下を通った際に満開の桜を感慨深く見上げた。この桜を見ることができて良かった・・・。
守衛さんにロッカーの鍵を返すときに
「桜、綺麗ですね。」と声をかけてみた。
「ええ。満開です。」いつもの優しい守衛さんだ。


わたしは少し振り返り、門の桜をもう一度眩しそうに眺めてそこをあとにした。



にほんブログ村



11:11  |  面会  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04/01(Fri)

友人で申請したけど面会はできるの?

ヤツから来た手紙の中の最終ページに



「看守さんが来て 『蒼月さくらこさん(わたしのこと)、面会、発信OK出たぞー!』 と言われた。

OKが出た瞬間、部屋の皆が 

『やったなー!!だから、大丈夫だって言っただろー?』

と大騒ぎだった。皆いい人ばかりです。」




手紙を読んで、わたしのフルネーム?呼ばれたん?(@_@;)と焦ったけど、、、。

なんか(罪は犯しているけど)部屋のみんな一緒に喜んでくれたみたいでなんかエエひとみたいやな、、、。



友人で申請しましたが面会出来るようです。
(本人なりにちょっと申請に付け加えた?ようですがそれで通ったのか定かではありません。)

月二回の面会と、月四回の手紙の発信ができるようになります。

すぐに県外に移送されるのかと思っていましたが、しばらく、一ヶ月くらい?はココで居るようで、懲役の作業をしているようです。

だいたい、この日に面会に来て欲しいという要望?があるようでこの日くらいの午後からがいいとか、、、。
(お風呂の日だからか午後から?)

その日に合わせることが出来たら行ってみます。


刑務所の門の桜を見ることが出来るかも知れません。。。



にほんブログ村
23:41  |  面会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03/24(Thu)

面会(行ったけど許可されずに帰ってきたの巻)

ヤツは実刑確定日を迎え、もう面会出来ない。
帰宅するとヤツからの手紙が今日もポストに入っていました。

まだ未決のあいだに書かれた手紙。

ほとんど毎日、週末を除いて届けられる手紙。既決になると、もう毎日は発信出来なくなるんだな。
郵便屋さんも、さすがにどこから送られているか解ってるかな?

その中に、 「外部交通の申請をしたから、○日には面会に来て欲しい」 と書いてあった。

まだ受理されるには時間がかかるのでは?、本当に友人で受理されたのか?といぶかしげに思いながらも
そちらに仕事で行く用事があるとからと自分に言い聞かせつつ、ダメ元で面会に訪れてみました。

、、、面会申請しましたが、結果、面会不可でした、、、。

未決の時と違って、わたしの身分証明書の提示を求められ、免許書を見せました。
看守がわたしの受付番号を呼び 「面会の方は(外部交通)申請中なのでまだ許可が下りていないので面会出来ません。」

「わかりました。ありがとうございます。」 と会釈し待合所をあとにします。


刑務所の門のわきには桜の木。この桜の花を見ることは出来るのかしら。

もう、桜を見られずに、このまま別の刑務所にヤツは移送されてしまうのか、、、。

見上げた桜は、まだ硬いつぼみをつけて風に揺れていました。



19:04  |  面会  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT