2016.06/30(Thu)

検診の予約

女性特有(子宮筋腫)の不調で

ネットで情報を得ようとしましたが症例は人それぞれで

ぐずぐず悩んでいても仕方ないので
かかりつけの医師の助言通り、子宮がん検診の予約を取りました。

「生理後に子宮がん検診した方が良いので、次回生理が来たら予約を入れてください。その子宮がん検診の結果が出たのち、県外の病院を紹介するので、子宮筋腫の相談に行かれてください。」

と6月初旬に医師から言われていたので。

今朝、予約を入れたら、早速明日、予約が取れたのでお昼休憩を使って検診に行こうと思います。



でも、ゆうべ、ネットで子宮筋腫の手術について調べていたら
入院も二週間ぐらい。自宅療養後、重い荷物を持てるまで要2~3ヶ月?

わたしの仕事は、外回り&店舗改装の作業があれば、重い荷物も運んだりするし、、、
相当お休みが必要なの?(@_@;)ガーン
契約社員でパートのわたし。そんなに休んで大丈夫なんだろうか。

(こわいので事前にリサーチしていませんでした、、、調べた後でますますこわくなってきました、、、) 

ど、、、どうしよう、、、考えても仕方ないので
とにかく 明日、検診に行ってきます、、、。


にほんブログ村


 




スポンサーサイト
12:43  |  子宮筋腫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06/29(Wed)

梅雨のせいなのか体調のせいなのか、、、

ここんとこ、天気が悪いせいか身体が重いばかりか
気分も沈んでしまって、全くヤル気が起きなくて。

この前、マキコとランチに行った際、彼女が「夏風邪引いちゃって、治ったところなの。」と言っていたのを思い出し、
『ひょっとして風邪、移った?』と思ったり。

はたまた、鬱になってしまったんだろうか、、、と思ったり。

まったくヤル気が起きないというのは、仕事のヤル気が全く起きないという事で、
家事や今のジメジメ時期のお風呂のカビ掃除は好んでやっています。
むしろ、もっとやりたい。お掃除も。

あぁー。専業主婦になりたい~病の勃発です。。。

つい、旦那にいつになったら専業主婦にさせてもらえるのかと愚痴っちゃったり。
グダグダしていました。

仕事のスケジュールで組まれていることを最小限、己に鞭打ちながらやってる感じ。これじゃいかんのですけどね。


そうこうするうちに、月のモノが、、、
あぁ。アレの前だったのね。。。

それも、やはり子宮筋腫の影響なのか、数年前よりもキツくて、、、
貧血になりそうでした、、、
どうなることやらと思いましたがなんとか落ち着いてきたみたい。

明日にでも、病院でプラセンタ注射を打ってこようかな。。。



にほんブログ村



18:01  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06/26(Sun)

寺院での点心をいただき、プチ贅沢

マキコに誘われて、お寺の点心をいただきました。

宿坊での精進料理。値段を聞いて、焦りましたが (¥3,000(@_@))

マキコの「プチ贅沢しよ~♪」の一言で

『まぁ、たまにはいいっか(^-^;)』と。



予約当日、すごい土砂降りの雨。


精進料理だから、肉、魚以外だけど、一品づつコース料理みたく運ばれてきて
添えられたお品書きをふたりで見合わせながら、舌鼓を打つ。

見事な庭園を眺め、お抹茶をいただく。

贅沢で特別な時間。

食事が終わるころ、雨が上がりました。


マキコとお寺にお参りし、大きなご神木を見上げたり。

御朱印帳を持って来ていたので、御朱印を頂きました。



日頃の喧騒を忘れられたひととき。


心が洗われるようでした、、、


1.jpg

2.jpg

FullSizeRender.jpg



にほんブログ村

22:07  |  手作り・おいしいモノ編  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06/22(Wed)

あふれるきもち

a0001_001573.jpg



たとえあなたのことが憎くても

たとえあなたのことが許せなくても

やっぱり許したい

あなたの近くでいたいの


どうしてあのとき わたしの元を去ったのか

知っておきたいの

でも 知ったところで この気持ちは抑えられるのだろうか


もし わたしの元に戻ってくることがあったら

きっと わたしはあなたのことを拒めない

そのあたたかい手に触れたら










22:27  |  poem  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06/21(Tue)

面会不可のヤツの反応。手紙が来た

ヤツから手紙が来ました。
やはりわたしの手紙で面会不可だったことを知ったようです。

「’愕然”とした。遠いところわざわざ来てくれたのに会えなかったなんて…。ショックすぎて皆になぐさめられる程落ち込んだ。同室の皆は内妻でバンバン面会に来ている。内妻の申請をし直そうか、、。俺、あと一年なんて持たない、、、、」

そののち、ヤツは高熱でダウン。

そして懲罰を受けることになった、、、。あーあ(: ゚Д゚)
相変わらず眠れなくて夜中に日記を書いていたのを看守に見つかった、、、ため。

調査→懲罰審査会→懲罰

懲罰になれば独房で正座して反省する毎日。どのくらいの日数になるんだろ。

懲罰開始までの日にちが2日くらいまだある。
高熱で寝込んでいて文字は乱れているのに、毎日書いて限度枚数7枚にして発信したもよう。

懲罰が明けて、やっと慣れてきた工場は、また新たな別工場に配属されるし雑居部屋もまた違う部屋に代わるそうです。
せっかく慣れてきたみたいだったのに。


ちょうどその前のわたしの手紙に、「懲罰にならないように日常生活を引き締めて。」って書いていたのに。
その心配通りに懲罰になってしまった、、、

懲罰期間は手紙の発信も禁止だから、もう6月はヤツからの手紙は来ないだろうし

その期間、わたしからの手紙も渡してくれないと思われる。


結局最後の日付も38℃の熱のまま終わっているから、そのまま懲罰突入なのかな。

(ここ、播磨は医療が進んでいて、手厚く看護してくれるようです。)





とにかく今度、いつ手紙が来るんだろ。




にほんブログ村

19:26  |  中に入ってのコト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06/20(Mon)

隣の空き家の問題ラスト(4)

そののち、数日が経ち、改めてお隣さんが菓子折りを持って挨拶に来られました。

「この度はご迷惑をお掛けしました。あの、物置は撤去することにしました。そして、木も片付けます。○○日頃に工事の方が来ます。騒音等すると思いますが宜しくお願いします。」

わたしは承諾した後であの子猫ちゃんがどうなったのか聞きそびれたのを後悔しました。

次男に話すと「きっとダメだったんじゃね?だからそのことに触れなかったんだよ」

うーん。納得し、残念だったな、、、。と悔やんでいました。



そしてさらに数日が経ち、物置の撤去日が来たのですが、
夕方仕事から帰宅すると、お隣の物置のみならず、、、

和風のお庭の樹木が根元からぜーんぶ切り倒され、無くなっていましたΣ(@_@;)

庭師が作ったお庭です。紅梅、椿、もみじもありました。築40年にはなっています。
それが剪定ではなく、根元から全てだなんて、、、切り株だけになってて、、、(:_;)

樹木好きのわたしはお隣さんの庭木ですが、あっけにとられ、そして気持ちが沈んでしまいました。


我が家も去年の秋に車庫を広げるために庭木を整理したのですが、残したい樹木を造園屋さんと打ち合わせしたり、
なんとか撤去した樹木や庭石も造園屋さんが使ってくれるとホッとしたものです。
ウチも築40年の中古住宅なので樹木も大きくなっていて、モチロン、お清め&お祓いもして撤去作業に臨みました。
それでも樹木ロスになっていました(淋)



そののちお隣さんが様子を見に来られていたので声を掛けました。
ここまで庭木を切るとは思わなかった旨を話すと

「これでいいんです。本宅もたくさんの庭木があるので管理が大変ですし。こちらまで手が行き届かないので。」

とさばさばしています。お隣の問題ですから何も言えないのですけどね。。。


このとき、あの子猫ちゃんのことを聞くことが出来ました。

「ええ。あの猫は知り合いに、もらわれていきました。」


「え?!*(゚∀゚*)!*。元気になったんですか?よかったーー」

子猫ちゃんのことを聞いて少しは気分が解れました。




なにはともあれ、ご近所のことって、けっこう気を使うものですね、、、
(この程度のことですが、、、)



にほんブログ村




10:25  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06/18(Sat)

隣の空き家の問題(3)

前回の続きです。。。

お隣さんは、子猫ちゃんのなきがらを後始末だけして、帰ってしまいました。

こりゃあかん!と再び お隣さんに連絡しました。(しつこい?)

お隣さんが見に来る前に様子を見に行っててしまったことを詫びた上で
一匹、瀕死の子猫を保護していることを伝えました。

お隣さんは電話越しで困惑して、近くに居るご主人に「困ったわ。あなたどうしましょう。」と伝えています。

すると、遠くでご主人が耳を疑う言葉を?! 「そちらで捨ててもらってくれ」

『マ、マジ?!聞こえちゃったんですけど。。。信じられん、、、ひどい、、、』 

結局、その後、再びお隣さんが来まして、、、段ボールの子猫ちゃんを引き取って帰りました。


わたしも、次男も、旦那もしばし喪失感、、、。

でもこれでよかったんだ。。。そう思うことにしました。



、、、あの子猫ちゃん、どうなったんだろ。



00:57  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06/16(Thu)

隣の空き家の問題(2)

前回の続きです。。。




一旦は自宅に引き上げましたが、次男の一言で我に返り、
再びタオルを敷いた段ボール箱を持って、次男とお隣の物置へ。

物置の中は結局、こわくて覗くことが出来ず。次男がサッと子猫を拾い上げ段ボール箱の中にそっと置きました。おぉ!頼もしい!

かなり衰弱してかすかにみーみー泣いています。段ボール箱を次男と覗き込み、「ちっちゃいね。助からないかもしれない。もっと早く気づいてあげられたら、、、(:_;)」

みるりん用(犬用)の粉ミルクがあったので (薬を飲ませるために家にあったもの)作って口に持っていきましたが、衰弱しすぎて口もまともに開けません。

「どうしよう、、、」結局、旦那と次男と3人で話し合って

お隣さんにこの子猫を託そう。

でもいつ、様子を見に来てくれるかわからないし。

助かるかどうかわからないけれど獣医に連れて行こう。それで里親を探そう!


近くの獣医に問い合わせたら、午前の診療は終了していて、午後の診療時間を待っていたら、、、

どうやら、お隣で車の音がして、話し声が。様子を見に来たみたいです。

物置を見て、「きゃ!」と驚く声が。、、、後始末をしたっぽい?

てっきり、ウチに呼び鈴鳴らして、一言、断りに来るものと思っていました。

、、、、あれ?車の走り去る音?もう帰ったぁ?!


うそー?! マジー? この子猫ちゃんのこと、言わないといけないのにーー

そりゃないよーー ( ゚Д゚)




次回に続きます。。。


にほんブログ村

21:38  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06/15(Wed)

隣の空き家の問題(1)

我が家のお隣さんはオーナーさんはいますが住んでおらず、
週に二日程度、お教室をそこで開いていて、来られています。
このお隣とは別に大きな本宅があるみたいです。(リッチなお隣さんです。)

元々、年配の男性が別宅としてこの中古住宅を購入し、やはりお教室として使っていました。
その男性が急逝し、その娘さん(50歳代)が相続しました。

売却してしまうのでは?と危惧しましたがお教室もお父様の後を引き継ぐことになりホッとしました。

お隣がオーナーは居るが空き家。というのは結構、快適なんですよね。
こちらの騒音も気にしないでいいし、こちらが窓を開けっぱなしにしてても平気だし。

庭木の剪定はお父様がいらっしゃるときは定期的に庭師がしてくださっていたけど
娘さんがオーナーになってからは、伸び放題、、、
和風のお庭でいい庭木が植えてあって、承諾を得てわたしとわたしの父親とで時々剪定していました。(けっこう父も庭木が好きなのでわりと喜んで)

ところが、裏庭の物置が壊れていて、風でバタバタあおられて気になっていました。

そんな時、野良猫がその物置の中で出産してしまったようなのです、、、(; ゚Д゚)Σ


みーみーと赤ちゃん子猫が鳴いています。

次男と 『もしや隣の物置?』とひそひそと話をしていました。

旦那に「お隣に相談した方がいいかな?あなた電話してよ」と相談しても「ほっておけ」って言われるし。

そんな時、隣の物置のあたりで夜中に野犬が喧嘩していて、うるさかったのでわたしが追っ払いました。

、、、それからというもの、子猫のみーみーという鳴き声が夜通し聞こえます。


それでも旦那は「ほっておけ」の一点張り。

たまりかねて次男と話し合って、お隣に相談する前に物置を開けてしまいました。

 「オカン、やっぱりここから(物置から)聞こえてくる。」

 「え?どうなってる?見てみて?」 次男に中を見てもらった、、、。

 「ダメだぁ。死んでる。。。 あ!一匹だけ生きてる?!」 

どうやら一匹だけ瀕死の状態で生きていました。

野犬が喧嘩したのがきっかけなのか、あれから母猫は戻って来なかったみたい、、、(・_・;)

一旦は、家に引き上げて、しばし、家族会議。相変わらず、旦那は「どうする?子猫助けても、飼えないよ。」の繰り返しで。

結局、わたしがお隣さんに連絡を取り事情を説明。
様子を見に来てほしいと頼みました。

「子猫はどうするの?まさか物置に放っておくの?、、、もし、助からなくても、、、
あの中で死なすわけにはいかないよ」 と次男。



長くなるので 次回に続きます、、、。



にほんブログ村
19:03  |  日記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06/13(Mon)

ヤツの反応は・・・?手紙が来た

仕事を終えて急いで自宅に帰ると
(無事に?)POSTの中にヤツの手紙が。

今回の手紙も便箋7枚。
毎日一枚づつ書いて、、、

ん?わたしが面会しに行った日の手紙。
結果、面会不可と言われたこと、ヤツ本人には通達されないんだ、、、

ヤツ本人、わたしが面会に行ったことを知らされておらず、ごくありふれた日常が綴られていて、、、
相変わらず、面会を楽しみにしている内容で、「面会の時に領置金を一緒にお願いします。」とか「漫画を読みたいので
一度に10冊まで差し入れ可だから、実家のこの辺りにあるはずだから持って来てくれないか。」とか、、、(-"-;)

少しは漫画を読む余裕が出てきたのか。
虫歯も定期的に治療してくれているようで、かなり恵まれているようだし。

わたしが面会が出来ず帰って来てからヤツ宛に手紙を書いたから、まだわたしの手紙は読んでいないのね、、、。

まだ知らぬが仏というか、、、

ということは、結果は次週か、、、

今の時代、こんなやりとりが手紙。それも一週間に一度だなんて。アナログすぎる、、、

今頃、わたしの書いた手紙を読んで ”ヤツが夢に出てきて 『サイコパスよ!Yは!』と叫んだ夢。”
それを、「またひどい夢見たんだな。俺ってどんだけ悪い奴なん?(笑)」 (その通り!悪い奴や!)


どれだけタイムラグがあるんだぁ、、、(汗)


にほんブログ村

20:20  |  中に入ってのコト  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT