FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/28(Thu)

街金Sから新たな動きが

あれから、こっちから連絡しないんだっ!って思ってたのに
早速翌日、ヤツから着信が。

なにか、すこし緊迫した感じ。聞くと 

「街金S社長から電話があったんだ。そろそろ今後の事、会って話さないかって。」

  「あ。そうなの?そろそろ(街金S社長からコンタクトが)あるかもと思ってたわ。」

「うん。近々、S社長に会いに行ってくるから。ちゃんと今後の事、話し合ってくる。
S社長に 『このまま、放置されると、あのこ(さくらこ)にも連絡することになるからな。』 って言われた。『それは、勘弁してください。』って言ったから。さくらこに連絡がいかないようにするから、大丈夫だから。」

わたしは 「どこで会うの?車乗せて行こうか?」と言うと、
ヤツは 「大丈夫。駅の近くで会うことにした。電車で行く。日時が決まったら教えるよ。」

それから 「S社長と話して、『だいぶ(精神病・うつは)良くなったんじゃないか?声がはっきりしてきたな』って言われたよ。」と少し嬉しそうに話した。

ほんとはわたしも同席したいところだが、ヤツがひとりで行くと言うから、静観することにする。(めっちゃ気になるケド、、、)

今後どうなるのか、良い方に進展してほしいな。



ヤツに、「しばらく、わたしの方から連絡しないでおこうと思ってたんや。」と言うと、

「はぁ?何の話?何を気にしてたんや。ほんまにお前は、、、(苦笑)」とあきれられてしまった。



にほんブログ村



スポンサーサイト
18:53  |  ヤツのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/25(Mon)

依存性

あれから、暫く、もやもやした日々が続き

わたしなりにヤツに対して、依存していたことを認め、手を緩めることに決めた。

以前もヤツのことでどん底に落ちた時も、そうやってやり過ごしてきたじゃない。。。と思い出す。



ヤツが刑務所に入ってから、ずっとわたしだけとやりとりしていて

心の中で 【わたしだけ】という気持ちがあったんだろうな。



出所してからは、娑婆復帰がまだ、おぼつかないヤツは強迫観念に囚われているようで、精神的に不安定だった。

話していて、塀の中での辛いことを思い出して、
「ラジオから流れるこの歌を聴いて、さくらこのことを思い出して歯を食いしばって頑張ったんだ。本当に感謝している。」
と、泣き出したり。

そんなこともあれば
 
わたしが忙しくしていて、LINEの返事が遅いとキレたり、
免許がなくなったので自由に行きたいところにも行けないとイラついたり、かなりウザったくなってて。
わたしも顔に出ていたと思う。

ここ最近、ヤツは旧友とも交流したり、仕事も復帰したり、
だいぶ元気だった頃のヤツらしくなってきた。

話し方も声色も元気だった頃に戻ってきたんじゃないかな。と、安堵してきたところだった。

ある意味、女の人にちょっかい出すのも、出されるのも、ヤツらしいのかもしれない、、、(苦笑)


他の女の人の影を女の勘で『ピーン』ときてから、ヤツに対してチクッチクッと言葉の端々に毒舌を吐いちゃって
「キツイな、、、」と言われて 『ハッ!また言ってしまった。』と反省した。

どうも、心の中で ヤツはわたしのもの という依存性が植え付けられているのに気がついた。

わたしはあまり嫉妬しない性質なはずなのに ヤツにだけは反応してしまう、、、


これじゃいけないと猛省し、その夜は新月だったので、静かに冥想し、神社に立ち寄り参拝して絵馬を奉納して
心を落ち着かせることにした。

ずいぶん心も落ち着いてきて、『なるようになれ。』と、わたしからは連絡しないで様子を見ようと思った。


無題



にほんブログ村
15:48  |  ヤツのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/21(Thu)

うやむやにされてしまう

可愛い封筒の手紙を見つけてしまったことを
ヤツに話した。

しばし話を聞く。

同窓会がきっかけになったみたい。
お互い独身同志だし、それを聞くとわたしは、もやもやしてしまう。

何でもないよと言われても、、、信じられない。

その元同級生には、刑務所にも入っていたこと、その時にもずっと支えてくれていた女性がいること(わたし)を話した。と言った。
(だからそれがどうしたの?となるけど。それでも構わないってグイグイ来てる?)

それをわたしが追及すると、わたしが旦那が居ることで、いかに自分が淋しい想いをしているかを告げられてしまう。
それは言われると何も言えないんだな、、、
それを解った上でわたしと付き合ったのだけれど。

ヤツに 「俺とさくらこ、何年付き合ってるんだ?一生俺の気持ちは変わらない」

(わたしは心の中で、一生?せめてお金の清算はしてくれ、、、と手を合わせそうになる)

過去にこんなことも何度かあったけど、なんだかんだと堂々巡り。


まだ、お互い解決していない事案も残っているうちは
わたしも手を引くわけにはいかない。
鬱々となってしまった。

ハッキリ振られたら、そのときは考えることにしよう、、、


うやむや


にほんブログ村


11:25  |  ヤツのこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/15(Fri)

赤いエナメル を聴きながら

女はいつでも
愛されていると
感じていたいの
So won't you say you love me?


なぜ もう 心かよわない
でも まだ さよならは言えない
あなたとわたしだけにしか
歩けない道がまだあるはず

road.jpg



【赤いエナメル 中森明菜】音源コチラ☆


にほんブログ村

21:39  |  poem  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/15(Fri)

jealousy

ヤツはSNSと同窓会をきっかけに
同級生と交流を持っていたことは、女の勘でピーンときていたが

やはり、、、個人的に会っていた

そして、LOVE LETTERを
しっかりもらっていた、、、

(女性らしい封筒、、、見つけてしまった。裏には女性の名前が)

はぁ、、、(溜息)


彼女は独身だと言っていたし、
ヤツも独身。

もうわたしは引くしかないな。



letter.jpg


にほんブログ村


00:34  |  ヤツのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/08(Fri)

映画 『打ち上げ花火 下から見るか?横から見るか?』を観た

映画 『打ち上げ花火 下から見るか?横から見るか?』楽曲コチラ

原作も何も情報入れずに観たけれど、
SFふしぎストーリー&中学男子、おませな?女子の揺れ動く心。
映像がとても素敵でした。花火のシーンも。

打ち上げ花火






「あと何度キミと同じ花火を観られるかな」って

笑う顔に何ができるだろうか

傷つくこと 喜ぶこと 繰り返す波と情動

焦燥 最終列車の音




はっと息を飲めば消えちゃいそうな光が

きっとまだ胸に住んでいた

手を伸ばせば触れた あったかい未来は

ひそかにふたりを見ていた




にほんブログ村

23:12  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/03(Sun)

M美と夜会

先日、M美とふたりで居酒屋で女子会を楽しんだ。

ほんとは皆で集まりたかったけど日にちが合わず、M美とふたりだけど
久しぶりだったし、話すこともいっぱいで、ゆっくりくつろげた。

カシスオレンジで乾杯して焼き鳥と、ししとうの串をほおばりながら、

話しはヤツの話しになり、、、

「Yサン、最近どうなの?(塀の中から出て来てから)元気でやってるの?」とM美に質問され、

わたしは正直に 「Yは、元の建設業を立て直して、仕事をやってる。
まだ収入は安定していないけど、わたしへの借金も時々、返済してくれている。ほんの気持ちくらいだけど。
うつの方も起伏が激しい時もあるが良くなってるみたい。薬も飲んでないみたい。」 と答えた。

ついでに 「最近は同窓会にも出席して、旧友とも交流始めて、なんだか元同級生の女友達とも、やりとりしてるみたいなの。」と
前の記事の内容を話した。


M美は、驚いて、聞き直す。「バイトとかじゃなくて、自営なの?社長でやってるの?なんで?何処から仕事取ってくるの?」
矢継ぎ早に色々聞かれて、わたしの分かる範囲で答えた。

実際、電話で時々、ヤツから進捗情報を聞いていて、実際仕事が決まっている。

M美は、ひどく驚いて、のけぞってみせた。
きっとヤツがまだ仕事をしてなくて家で引きこもってると思ってたんだろうな。

M美は 「Yサンは、なんか『持ってる』わね。」 そう、つぶやいた。

わたしは 「うーん。そうかな。ヤツは四柱推命でも、いい星を持ってるからなぁ、、、」

(困ったときに人の引き立てを受ける星、、、が確か幾つもあったような、、、ウラヤマシイ)

M美 「元同級の女友達にも、ちゃんと話を聞いて、答えてあげてるじゃない。むげにせずに。」

わたし 「そりゃそうだけど、、、。」


「うまくいくといいね。」 M美に言われて、
わたしは内心、連帯保証人の件は彼女に話してないので、
「ほんとにね。」と心底そう思った。

なんとか立て直して、人生やり直して (わたしの返済を) 頑張ってほしいなぁ。




にほんブログ村
21:05  |  友人・知人のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。