2017.04/28(Fri)

離れた時間

spring.jpg



こんなに

会わない日はなかったはずなのに

それでも

手紙で繋がっていたはずだったのに



なにが

どう

変わってしまったのか




きっと


すこしづつ


どこかの



歯車が少しずつ

食い違ってしまったのだろうか




会えなかった時間が


そうさせてしまったのか



それはあなたも

そしてわたしも




にほんブログ村



00:04  |  poem  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04/19(Wed)

なんだか複雑な心境

ヤツが娑婆に出てからというもの、

なんだかわたしの日常が落ち着かない。

ヤツは家に居て、ヒマなので、モチロン、LINEが時々来るんだけど、
返事を返すのが億劫、、、。

ヤツからの楽しいネタもないし、こちらも仕事が多忙で、そんな話もプータローのヤツに話してもなぁ。と思ってしまう。


会話が全然、噛み合わない。

ブラックジョークもまともに受けて、キレてるし。

ちょっとした一言でひどく傷ついたり、なんでわたしが気を遣わないといけないのか、、、


疲れる、、、


ネットや本の情報でも、娑婆に出てから、被害妄想が強くなった・・・ような内容が書いてあったけど、本当だ。


社会復帰にいくまで、娑婆に慣れるまで?時間かかりそぅ、、、




にほんブログ村

23:51  |  ヤツのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04/17(Mon)

ついにヤツとの再会を果たす ④

ヤツは運転免許を取り消されたので、もちろん帰りもわたしの運転で。

仮釈放の当日、必ず自宅管轄の保護観察所に出向かなくてはならず、車中の会話で、

「俺だけ保護観察所に降ろしてくれれば、あとは電車で帰る」

なんて言っていたのに結局、母親にちゃんと話さなかったから、結局、母親と共に車で待ってた。(さすがに、置いて帰れないし、、、。気まずい)

なんか、テンション高くなると、行動が先走ってしまうようで、ひょっとしてまだ精神的な病気は治ってない?と疑ってしまう。
だから、刑務所で居た時、特に仮釈放間際に、ポカばかりして、指導票切られていたのでは?




イライラMAXだったが、救いは早めに保護観察所の面接からヤツが戻ってきたこと。ここまでの所要時間も割りにスムーズだった。





そして、ヤツの自宅に送り、荷物を降ろし、お茶を断り、車庫に戻り、車に乗り込もうとした時、ヤツが近づいてきて、

わたしを抱き寄せて、耳元で 「ただいま」 と囁き、ハグをしてきた。


わたしは、 「お、、おかえり。よくがんばったね・・・」 と言うのが精一杯で。




でも、なんか、違う、、、違和感を感じてしまった。

気持ちが全然乗ってこなかった、、、

   



(感動の再会を期待していた読者の皆さん、、、こんな感じでスミマセン、、、)




にほんブログ村
21:31  |  仮釈放  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04/16(Sun)

ついにヤツとの再会を果たす ③

(前回の続き、、、)





約一年ぶりに見るヤツ。

正直、あまりの変貌ぶりに、わたしは笑顔が出なかった、、、と思う。

15~20キロ近く、痩せて、色黒で、、、ダイエットに成功したとかじゃなく、明らかに、やつれているように見えた。
でも、髪は思っていた坊主より伸びていて、受刑者の頭じゃなかったな。


周りに同じく出所した人もいるし、ヤツの母親もいるし、だからといって、それだけの理由じゃなく、
笑顔でお迎えなんかできなかった。


お迎え無しの人は、近くの駅までタクシーを乗り合わせて行くようだ。
内心、お迎え無しの人もいるんだから、荷物は宅急便で自宅に送って、わたしの手を煩わさないように自分で公共交通機関で帰宅すればよかったんじゃ、、、とブツブツ考えてしまった。





ヤツもまともにわたしの顔を見ないし。わたしもよそよそしかった。

同乗の母親はテンション高くて、茶化した言葉と笑い声が妙にわたしの神経を逆なでする。

「みるりんの容態はどう?俺、さくらこが来れない時は、JRで帰るつもりだったから、オヤジ(看守)に頼んで、JRの時刻表をもらっていたんだ。」
とわたしに見せる。

でも、『わたしが来てくれるって疑わなかったくせに。』と心の中でいじわるなことを思った。



(次回に続きます、、、)



にほんブログ村
14:19  |  仮釈放  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04/15(Sat)

ついにヤツとの再会を果たす ②

(前回の続きです。。。)




家を出て、ヤツの母親を迎えに行き、同乗して、ヤツの居る刑務所へ車を走らせる。

長距離高速の苦手なわたしは、『まだ着かないのか。。。』とうんざりしながら、

同乗の母親はあくびばかりしていて、ちょっとイラっとしてしまう。

わたしが 「お疲れなら、お休みになっていいですよ。」と声をかけると、すやすやと眠り始めた・・・(汗)

ふと 『みるりんが今にも死にそうなのに、なんでここまでしてやってるんだろう・・・』 と正直考えていた。



そして、やっとのことで予定の時刻までに無事到着し、身柄引受人の母親は出所式にも参加した。

わたしは、【友人】なので、待合室で待つ。15分ほどで出所式は終わり、がやがやと出所者たちとそのお迎えの家族たちが部屋から出て来た。

ヤツは母親と台車の荷物を押しながら出所式の部屋から出て来た。



約一年ぶりにヤツの姿を見た、、、



にほんブログ村



17:34  |  仮釈放  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT